艦これ 編成。 【カンコール紹介】編成詳細【初心者向け】

艦これ「空母演習」攻略・編成例

ソナー、水中魚雷、ロータークラフトの対戦相手の計算が修正されました。 船を変更するとき、装備されたスロットの装備、スキルレベル、修理レベルを維持するように変更されました。 艦隊の最初の大砲バトルは大砲バトルの前に行われ、ヒットの精度が確立されているため、ライトニングバトルは敵のリークに遭遇する可能性が高くなります。 第1艦隊のMVPが旗艦によって修正されている話を見たようですが、前のイベントで輸送連合の夜間戦闘が修正されたとき、それはまだ残っています-2020-01-08(水)19:29:10 ・E6大津のトリックを解きに行った時の話です。 95 20ラップの結果によると、ライトニングショットの数に関係なく、ボスの到着の割合は60%でした。 追加の報酬• 2番目の艦隊をビルド画面に表示し、左上隅の艦隊番号「2」をドラッグして「1」の上に重ねます。

Next

6

編み物が重いものは重すぎます。 戦闘後のMVPスコアと経験値は、第1艦隊と第2艦隊で別々にスコアリングされます()• 第1艦隊(艦隊に対する)の大砲バトル(1射程順)• [船]はFengyun Kaijiによって追加されました。 現在攻撃している艦隊のみが砲撃のターゲットになることができます(最初の艦隊が攻撃している間は、2番目の艦隊をターゲットにすることはできません)。 ソードフィッシュを30個集めればミッションは全てクリアできるので、とりあえず狙ってみよう。 敵の艦隊または護衛の出口• 機動の場合は2番目の艦隊、水路の場合は最初の艦隊で、敵の大砲は食べるのが困難です。

Next

[KanColle]技術的特徴、艦隊サポートの形成と条件の例

これを回避できれば、ダメージを受けることはありません。 成功の条件が満たされ、レベル128以上の旗艦と4隻の輝く船、またはレベル33以上の旗艦と5隻の輝く船が形成された場合、残りの船に光沢がなくても、100%の確率で成功します。 保護されたC... 幹線道路にマスがいる場合は、受け取った資源を補ってください。 修理した機関銃や対空装置の方がいいと思います。 ただし、「集中配置」の効果もあるため、効率的なハードウェアを搭載すれば、それほど心配する必要はありません。

Next

[KanColle]ミッション:フォーメーションのリスト[チート]

夜間戦闘装備(サーチライトなど)は、[エスコート避難]を去った船でアクティブ化できます。 強力な道路サポートを含める。 さらに、航空母艦が複合火力艦隊の不要な艦隊や2番目の艦隊に含まれるなど、高い火力を生み出したい場合は、重い雷巡洋艦(雷巡洋艦)または駆逐艦をフレーム6に配置することをお勧めします。 第2艦隊の砲撃(2発は不可)• 54 21,7 出発時間 1:25:8 4:51 - 燃料 2 532 3 387 127169 1,784 2387 弾薬 4272 214 3011 なる 1,614 81歳 1. (練習)• 通常、2人以上の軽巡洋艦のグループが護衛グループに登場します。 第2艦隊のみが雷撃に参加できます。

Next

【雨季夏2020+夏季】E

• もちろん、旗艦に乗せれば多くの経験を積むことができますが、MVPで経験値が最も高いのは以下の3つの戦艦です。 2020年の梅雨の伊部海域E2およびE3の更新。 タウイの沖、タカ、アンカレッジ• 55 1. 捜索敵は大井を使っていましたが、自由に探せば北上さんのチョイスになります。 船この場合、旗艦はダメージ回避率と呼ばれます。 敵の形成は、IマスよりもJマスの方が難しい。

Next

[KanColle]秋の剣の採掘に推奨される海域と形成(2017)

ナイトバトルに参加する決定• 発破前の落雷のターゲットは、結合艦隊に対する従来の艦隊の場合は2艦隊潜水艦であり、結合艦隊に対する1と2艦隊の潜水艦は2艦隊です。 艦娘娘「水着モード」など、期間限定モードと限定出会い「ノーマルウォーターズ」の実装終了! これは細かいことですが、10人の新しい娘の船のラックなどの家具に食べ物と飲み物の向きを反映し始めています!• ミズウン(631空) ズヨン(631イク)は、四半期ミッション「空軍の強化」で入手できます。 [装備]タイプ12コメットを追加(#31光電管爆弾を装備)。 なぜなら、ヒットの繰り返しの後でも修正の120%が行われるからです。 ナイトバトルに参加する決定• 軽巡洋艦 駆逐艦 海軍の防衛船 探す 検索機能を示します。 2回目の戦闘では強い陣形で戦うというデメリットがありますが、見た目の敵を増やすことで獲得できます。 なぜ戦艦を4位にしたのですか? 戦艦は火力があるため、ほとんどの戦闘でMVPを持っています。

Next