キャフタ 条約。 カフェータ条約(1727

モンゴルの歴史02:1915.5.25カッファー条約の結論

これはリハビリの最中ですが、混乱を引き起こしました。 [2]東はAva Gidauによって定義された境界線に接続され、西はGorny Altaiの東端への境界線です(記事3)。 乾天皇の時代は清朝の全盛期とされています。 601、世界史研究、Vol。 歴史[] ロシアとの協定の締結と1727年に、それは両国間の関係として発展しました。 これはすぐに思い出せます。 中央蒲田の東海岸に派遣されました。

Next

【世界史B】清朝天皇について知っておきたい4つのこと、ぬるはちからカンフイ、趙周、乾竜まで[中国の歴史、試験合格]

19世紀になると、ロシアの圧力が強まり、1858年と1860年には、清はネルタ平和条約から大きく逸脱しました。 純治天皇と現支配のドルゴンは明の混乱を利用するために耕作を注意深く待った。 また、外國から兵士が動員された際、清朝時代に領土を越えたロシア人兵士の存在が問題となった。 国境の境界で交渉が始まった。 この条約が成立する前は、清朝大帝はロシア帝国よりも優れていたとされていますが、後の時代には清朝は衰退を隠さず、1858年に中国とロシアの国境はほぼ固定されました。 210、pp。

Next

カフェ条約(1727)

【条約交渉】 1725年、ロシアはウラジスラビッチの人物に代表団を派遣することを決定しました。 清朝は友好関係を維持しようとし、1731年と1732年に2度使節をピーターズバーグに派遣しましたが、1755年のジャングルクラブの最後の敗北()の後、ロシアが徐々に支配し始めました。 NuruhatiはJianshu Meshinに属していました。 両国の国境は、ガイコ・アンリング(スタノヴィ山脈)とアルガン川(ブラックドラゴン川の上流)を結ぶ線になります。 交渉は北京と国境地域で行われ、1728年にカフェットで批准書が交換された。 1881年、彼はしつこい交渉を通じてイリ地方を確保した。

Next

モンゴルの歴史02:1915.5.25カッファー条約の結論

北京での貿易をこれに続くものとして位置づけ、貿易の利益を国庫に吸収し、国の商人を派遣することを目指した。 その後、2回、清大臣が国境で待機しているロシア大使を訪問し、カフェット条約(現在ロシア連邦にある都市)が署名され、その本文が修正されました。 [3]ロシアは貿易のために4年ごとに軍を北京に派遣することができる。 したがって、満州の真の女性部族が「八番」と呼ばれるシステムとともに「清」と呼ばれる帝国をどのように作成したかについての詳細な研究として、本「」をお勧めします。 清王朝はハルハとハルハの国境の境界を定めることに取りつかれていました。

Next

カフタ条約(1727)

手紙刑務所は、皇帝カン・ハイの下で始まりましたが、皇帝趙の下で深刻になりました。 その後のロシアとの国境交渉 1727年に中央アジアとモンゴルの国境が確認されました。 警察は毎朝早朝にバンを出して市内を移動します。 。 「本太地」という言葉は「王子」という言葉に由来するので、この言葉は皇帝にとって良い言葉です。

Next

ロシアとの合意

支配の領域は以前に定義されなかったもので確立されました。 明らかになりました。 Sinmは、「ロシアの方が優れていた」と言えると信じています。 中国のトレーダーがロシアのトレーダーの倉庫で商品を検査し、購入価格が決定されると、ロシアのトレーダーは商品を代理人に委託して輸送を注文しました。 当時、両国は地図を研究用に交換することを決定し、ロシア側は青島にホーマンの地図コレクションを提供しました。

Next

カフェータ条約(1727

彼女は国境の船長と満州国境の鶴ハイツに新しい貿易場を開くでしょう。 ここでは、清と中国の国境の境界で交渉が始まった。 ネルタ条約の締結後、ロシアは本格的な商人軍団を結成し、貿易のために北京に送った(北京貿易)。 カン皇帝の治世 (カンヒ皇帝:から) 1661年、皇帝カンヒが王位についたとき、チョンの成功はオランダ軍を台湾から追い出しました。 清清復興運動の中心地となる。 アイリス条約(1881年)によると、一見するとイリ地方の多くの地域が復元されて戻ってきたように見えましたが、興味を失ったために最後に突き刺さったようなものでした。 この方法はオスマン帝国でも使用されました。

Next